2009年08月

二尺管・七孔できました!

二尺管・七孔できました!(2本)

手前が製作してきました従来の七孔尺八は、
乙音のツの半音(琴古・ツの大メリ)が弱かったのですが、
今回、試行錯誤をし、
一孔補助孔に内径5mmΦのスリーブ(パイプ)を使いまして、
その結果大分音の抜けが良くなりました。
また、スリーブが、へその役割をはたし、小指で孔位置を探しやすくなっております。

ひとつ注意点があり、スリーブが内部に突出しており、
露きりを使う時は注意してゆっくりと引き抜いてください。

是非こちらをご覧下さい。 → 市居尺八研究所



スポンサーサイト

一尺五寸管できました!

一尺五寸管、4本作りました。
こちらのHPをご覧下さい → 市居尺八研究所

8月14日に家族で海へ行って、久しぶりに泳いできました。(ほとんど浮き輪ですが)
このとき、浮き輪で浮きながら、尺八が吹けるかどうか試してみました。
吹けたことは吹けましたが、やっと音をプッと鳴らした程度で、全然曲なんぞ吹けません。
風が強く、波が高かったのと、浮き輪にはまった状態では尺八の角度が上を向いて、
かなり、辛い姿勢です。
塩ビ管は比重が1.5ぐらいなので水には沈みますから、ひもを付けて浮き輪に縛っておきました。
嫁さんには「何すいとんの術みたいなことやってんの!?」といわれました。
その通り、波に打たれながら塩ビ管を持ち、浮き輪にはまるまでがかなり辛かったです・・・。
でも、塩ビ管が海水にも耐えたという検証ができました。




一尺六寸(七孔・左利き用)できました。

一尺六寸(七孔・左利き用)2本作りました。
お買物ページからお買物できます。
第一孔の補助孔は今回は垂直にあけました。

こちらへどうぞ→市居尺八研究所


一尺六寸・七孔、2本できました!

一尺六寸・七孔、2本できました。
お買物できます。

七孔尺八でツの半音・ハの半音(琴古ツの大メリ・リヒの大メリ)を吹くと
何とも言えないきれいな音がします。
今まで五孔しか吹いたことがないので、
指孔を半分開けてメって出す音に耳が慣れてるせいでしょう。
(五孔は五孔の味があるんでしょうけど・・・)

今のところ一孔の補助孔は4mmΦで垂直にあけています。
音的にやや弱いです。

今度斜めにあけてみようと思います。できたらまた公開します。
市居尺八研究所